mimirubyのブログ

ペナン移住のHow To、 私の場合

年金生活者が日本脱出!

国民保険、介護保険の負担が大きく、日本の生活費の高さも
あり、横浜からペナンに引っ越ししました。
65歳の誕生日をすぎた、ある日のこと、介護保険の請求書、
毎月1万3千円というものがきました。
ガーン!という衝撃です。(2018年1月末)
それまで当時支払っている国民健康保険が毎月2万7千円、
加えて、毎月1万3千円で保険料が毎月4万円? 
これでは生活できません・・・ね。


これで私は、かねてから考えていた日本脱出を決意しました。


学生のころから、ヨーロッパでバックパッカーをやっており、
社会人になっても、15年ほど海外駐在経験がありますので、
海外生活には不安はありません。
そうと決めたら、即行動あるのみ、2月中旬には最寄りの
区役所に出頭、非居住者手続き:戸籍を抜き、国民健康保険・
介護保険の資格停止など済ませ、航空券やホテルの手配を
済ませ、出国しました。
居住していたマンションはそのまま、管理会社には解約通知
書を送り、家賃は5月7日まで支払い、それまでにアジアの
どこかで住まいを見つけるという悲壮な(?)決意でした。


今回ペナンに住居を決めるまで、当たりをつけていたアジア
諸国を最終下見で訪問しましたが、結局、住むならペナンが
1番!という結論です。
過去、東南アジア(フィリピン、タイ、インドネシア、ベト
ナム、韓国、台湾、マカオ、シンガポール、マレーシアなど)
には100回以上旅行しています。
ペナンは温暖な気候(というか、外は暑い)生活費の安さ、
他国と比べて安全さが抜群、またビザなしで90日滞在でき
ます。


ペナンのコンドミニウムは3月に契約、それから、日本に
一時帰国、日本年金機構、企業年金連合会、フランス年金局
に住所変更届などの手続き、銀行の手続き、別居中の家族
に報告を済ませ、横浜のマンションを引き払いました。
その間、3週間ほど、派遣の仕事(3年ほど前から不定期で
旅行会社のインバウンドの内勤の仕事をしていました)で
お小遣い稼ぎをしたり、断捨離で家財処分(メルカリで
お小遣い稼ぎ?)、九州に帰って、今回の移住を支援して
いただいた兄にお礼とか、別居中の家族にお別れとか、結構、
忙しく日々を過ごしました。


私の場合、年金受給は日本の銀行口座振り込みのまま残し、
その国内銀行口座は、クレジットカード引き落とし口座、
送金元の口座として使用しています。
妻への毎月の仕送り(出国前に自動送金手続きをしています)、
ペナンの大家さんへの毎月の送金(リンギットが安い時を
見計らって随時送金)、最後の住民税(前年度収入に対する
もの)支払いなど。


まだ、ペナンに移住したて(2018年5月9日~)なので、
ペナンから日本年金機構、フランス年金局にはそれぞれ、
移住後に毎年報告の必要な書類は、以下のお役所で入手予定:


在留証明:在ペナン日本国領事館で取得 →日本年金機構
なお在留届は、在留届電子届出システム(ORRネット)
申告、【在留届受付完了のお知らせ】を2018年5月14日
受信。


存命証明:在ペナンフランス領事館で取得→フランス年金局
日本では、年2回、広尾のフランス領事館で頂いていたので
ペナンでも可能だと想定しています。