mimirubyのブログ

ペナン移住のHow To、 私の場合

タンジュンブンガの朝市の買い物と牛スジの発見!

今日は、タンジュンブンガの朝市で買い物:
大根1本 4RM(=110円)
中国ネギ1本 1.8RM(=49円)
スペアミント1束:0.5RM(=13円) このお店で↓

f:id:mimiruby:20181126021642p:plain

固い豆腐1丁  0.8RM(=22円)
練り物いろいろ 6.2RM(=170円) このお店で↓

f:id:mimiruby:20181126021747p:plain

市場からすぐ傍のMuthu Frozen Foodに。
牛すじを見つけるため。
以前の私のブログ記事で、
Muthu Frozen Foodで、インターネットで検索、
Beef Gristle(1kg: 38RM=1,045円)が牛スジと
考え、買ってみたり、
オーストラリアにいるころ、食べていた牛煮込み
の中華麺Beef Brisketから、
Beef Brisket(1kg 28RM=770円)を買ったり
しましたが、料理してみると、どうも、日本の
おでんの牛スジとは違います。
今日は、
Beef Tendonという部位、これもググって、この
英単語(「腱」という意味)を見つけ、これが
牛スジに違いないと考え、Muthu Frozen Foodの
女主人に「Beef Tendon、この部位はありますか?」
と聞きますと、
「あります。キロ30RM。」という答え。
それで、Beef Tendon( 冷凍1kg30RM=825円)1kgを、
1/4ずつ、4個にカットしてもらい、買って
帰りました。
このBeef Tendon 250gと冷凍しておいたBeef
Brisket250gを合わせて、皮つきショウガとネギ
で下茹で、1時間。
大根とゆで卵を合わせて、おでんのつゆで煮て
いきます。
途中30分ほど煮たところで、練り物投入。
45分ほどに煮て、火を止め、15分ほど余熱、
Beef Tendonは、まだ、固ーい。
大根、煮卵、練り物などは、おでん状態になって
いますので、これだけを、夕食に食べました。
それから1時間ほど、Beef TendonとBeef
Brisketを煮て、火を止めて、15分、余熱で
加熱しても、Beef Tendonは、まだ、固―い。
Beef BrisketはOKです。
どのくらい時間かかるのか?
それから、約1時間さらに煮込み、ようやく、
Beef Tendonが、噛めるようになり、日本で
食べる牛スジの味になりました。
4時間かかったっていうこと・・・
圧力なべ無し、普通のガスコンロで。
美味しいものを食べるためなら、何のその・・・
参考にしたブログ記事:大感謝!
白ごはん.com

www.sirogohan.com
(以下、引用です)
牛すじの下処理/下ゆでのやり方
牛すじの下処理(はじめのゆでこぼし)

牛すじ肉の下処理には、風味づけのための
皮ごとの生姜、(あれば程度で)長ねぎの
青い部分を用意します。
はじめは生姜もねぎも入れずに、『水から
牛すじを一度ゆでて、そのゆで汁をゆで
こぼす』という必要があります。
これははじめに大量に出てくるアクを捨てる
ためで、できるだけたっぷりの水に牛すじを
入れ、鍋を火にかけます。
沸いたら徐々にアクが出てくるので、1分ほど
沸騰させてからざる上げします。
ここではアクごとゆで汁を捨ててOKです。
ざっと牛すじをざるに上げ、流水で表面に
ついたアクなどの汚れをさっと洗い落します。
同時にゆでるのに使った鍋もさっと洗って
(鍋肌にアクがついているため)、きれいな鍋に
洗った牛すじを移します。
牛すじの下処理(再度水からゆでる)
ここから2回目のゆでる作業に入ります。
2回目に生姜と(あれば)ねぎの青い部分を加え、
たっぷりの水をそそぎ入れます。
※生姜は皮ごと、繊維を断つように薄切りにして
加えればOKです。
鍋を火にかけ、沸いたら弱火にします。
牛すじのゆで時間は1時間半~2時間が目安です。
はじめの方にもしアクが出てくるようなら丁寧に
すくい取り、また、ゆで途中に牛すじが頭を出す
ようなら、水を足しながらゆでます。
購入した牛すじの肉の部位の差によっても
ゆで時間が異なるので、硬そうな腱や筋の部分が
柔らかくなるまでゆでるとよいです。
下ゆでした牛すじ肉は、ゆで汁から取り出し、
そのまま料理に使うなどしてください。
※冷蔵、冷凍保存してストックしておく
場合は、ゆで汁と合わせた状態でもいいですし、
ゆで汁から上げた状態でも)。
 

*******

ブログランキングに参加しています。
この記事が面白い、と思われた方は
クリック頂けると幸いです。
皆様の貴重な1クリックがポイントに
なり、ブログランキングでの露出拡大
につながります。

*******

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

ジモモ ペナン